PROFILE

DIMENSION

日本を代表するインストゥルメンタルグループ、DIMENSION。1992年6月、アルバム「Le Mans」でデビュー。それぞれの作品の音楽的評価は高く、日本のインストゥルメンタルシーンを切り開いてきた。ギター増崎孝司、サックス勝田一樹、シンセサイザー小野塚晃という最小編成にして最大限の化学反応を生み出してきた鉄壁のメンバーは、数多くのフォロワーを生み出し続けている。ライブ活動もその高い演奏能力を存分に披露し、ジャンルを限定しないクラブ等におけるパフォーマンスや、国内外のフェスティバルイベントにも積極的に参加(韓国SEOUL JAZZ FESTIVALや東京JAZZ、代々木第一体育館でのCROSS OVER JAPAN等)。国内のアーティストだけでなく海外アーティストとも多数共演をしている。2008年2月には韓国で初のワンマンライブを大成功に収めた。近年DIMENSIONの活動としてはもちろん、個々のスタジオミュージシャンやプロデューサーとしての活動も、各方面から注目を浴びている。

DIMENSION is an instrumental group of Japan, debuted in April of 1992 with the album Le Mans. Their various works have been well-reviewed, paving the way on the instrumental scene in Japan. The group is consisted of guitarist Takashi Masuzaki, Sax Kazuki Katsuta, and synthesizer Akira Onozuka. Despite the group is consisted of few members, their outstanding skills made many followers. They show their high performance capabilities, and actively participates in performances around Japan and overseas festivals (like Korea Seoul Jazz Festival, Tokyo Jazz, Yoyogi National Gymnasium, etc.). They have performed together not only with domestic artists but with international artists as well. In February 2008, they had huge success performing their first one man show in Korea. As much as they work in activities as DIMENSION, they also individually work as studio musician, sound producer and more.