PROFILE

小野塚晃
/
Akira Onozuka
(pf/key/programming)

NATIVE PLACE : 埼玉県
DATE OF BIRTH : 1967年7月29日
BLOOD TYPE : AB型

18歳でプロとしてスタジオワークをスタート。シンセサイザーからオルガン、ピアノまで、力強さと優しさを兼ね備えた弾きこなしは、ジャズを基盤としながらもジャンルにとらわれないプレイで様々なジャンルのアーティストに絶賛され、DIMENSION以外にも多くのアーティストのレコーディングやライブに参加している。1995年から渡辺貞夫グループのキーボード&ピアノを担当。モントルージャズフェスティバルをはじめ、多数の海外公演に同行している。DIMENSIONと平行して、これまでにソロ名義で4枚のアルバムを発売(2004年『CHINITA』,2005年『FIRST TOUCH』,2010年『Rera』,2015年『Kanto~大空へ~』)を発表し、精力的に活動を行なっている。

Onozuka began doing studio work professionally at the age of 18. His ability to play vairous range of instruments, from synthesizer to the organ and piano. His variety of playing styles from powerful to gentle, goes beyond the standard of jazz and beyond genre and has received great reputation from a various artists from different genres. As much as a member DIMENSION has participated in many recordings and musical arrangements as solo. In 1995 he became the keyboardist and pianist for the Sadao Watanabe Group. Started from Montreux Jazz Festival, they have performed in various concerts overseas. Onozuka released 4 solo albums (year 2001 CHINITA, in 2005 FIRST TOUCH, in 2010 Rera and in 2015 Kanto ~oozora e~).