NEWS

小野塚晃(DIMENSION)ソロアルバム『天空の楽園』 2019.8.28(水) 発売決定!

DIMENSIONのキーボーディスト、小野塚晃のソロアルバムが約4年ぶりに発売決定!
30年以上に及ぶ彼のキャリアの全てをこのアルバムに集結させるかのごとく、じっくり制作された今作は、作曲からアレンジ、コンピュータープログラミング、そしてほとんどの演奏を一人で行い完成させました。そして今回レコーディングではその音に惚れ込み自ら購入したベヒシュタイン『M180』というピアノを使用しています。そのふくよかで艶のある、緻密で練り上げられた音世界を繰り広げています。

1.~Overture~ Another Paradise
2.明日へ
3.Rainbow Chaser
4.South No.3
5.Double Touch
6.天空の楽園
7.Bon Dance
8.Far Away 2019
9.Second Line
10.夕凪
価格:¥3,000(税込)/品番:ZACL-9110/全10曲収録
・全曲/作曲/編曲:小野塚晃

All Songs&Sound Produced by 小野塚晃(M-8/song by DIMENSION)
Piano(C.BECHSTEIN/M180),YAMAHA MONTAGE7&8 reface CS,Fender Rhodes Suitcase,Hammond B-3,Arturia V Collection 5,
XLN Audio Addictive Drums 2,Glocken,djembe,Electric Bass,All Programing

Guest Musician:増崎孝司 from DIMENSION(Guitar/M-2,4)
      
ベヒシュタインとは?〜
世界三大ピアノメーカーといえばアメリカ『スタンウェイ&サンズ』、オーストリア『ベーゼンドルファー』、そしてドイツの『ベヒシュタイン』です。カール・ベヒシュタインによって1853年に創業されたドイツのピアノメーカーで、かの有名なフランスの作曲家『クロード・ドビュッシー』にして『ピアノ音楽はベヒシュタインのためだけに書かれるべきだ』と言わしめるほどの傑作ピアノを世の中に送り出しています。2002年に公開されてアカデミー賞を受賞した『戦場のピアニスト』にも登場し、一躍有名になりました。「ピアノのストラディバリウス」と呼ばれ一つ一つの透明感あふれる粒立ちのはっきりした上品な響きに虜になる人が多く、その存在は「ベヒシュタインは弾き手を選ぶ」とも言われています。